FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【京の夏の花】野仏庵の青もみじ

新緑号のお茶特集でご紹介した野仏庵は、
一乗寺・詩仙堂の斜め向かいにある紅葉の名所です。

nobotoke9.jpg

nobotoke0.jpg

nobotoke1.jpg

nobotoke7.jpg

野仏という名のとおり、庵内にはさまざまな石仏が見られます。

nobotoke3.jpg

母屋で拝観料を払い、中で抹茶をいただきます。

nobotoke5.jpg

野仏庵の説明がラジカセから流れていくのを聞きつつ、
雨月物語の作者・上田秋成ゆかりの茶室や枯山水の庭などを眺め
ゆっくりとした時間を過ごします。

その後は、敷地内を散策。

nobootke6.jpg


いろいろと茶室が点在しており、道も個性的。

nobotoke8.jpg


詩仙堂より少し上にあるので
京都の町並みも見下ろすことができる野仏庵。
nobotoke4.jpg

紅葉の季節もきれいなんでしょうね。

一乗寺にお越しの際は、
ぜひこちらもチェックしてみてくださいね^^

■野仏庵について
http://kyoto.graphic.co.jp/store/2011/05/id084.html

色々とランキングに参加しています~
お帰り前にぽちっと1クリックで応援よろしくお願いします!

br_decobanner_20110616104646.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【京の夏の花】詩仙堂

sisen7.jpg


一乗寺の名刹「詩仙堂」へ行ってきました。

sisen1.jpg

朝の9時台は人もまばらで、

この景色をひとりじめという贅沢を体験。

sisen3

池のほとりには白紫色と黄色の花菖蒲。
↓透明感あふれる、とてもかわいらしい黄色ではありませんか?

sisen4.jpg


↓これは京鹿の子。
sisen2.jpg
花火のような花です。
庭の新緑に、赤紫色が映えてとてもきれいな花風景を描いていました。


苔の緑もすがすがしい…
sisen5.jpg

緑に囲まれ、
美しい花を愛で、
さらにししおどしが鳴り響く詩仙堂の庭園。。
sisen6.jpg

リフレッシュしたい方に、おススメします。

色々とランキングに参加しています~
お帰り前にぽちっと1クリックで応援よろしくお願いします!

br_decobanner_20110616104646.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村


【京の夏の花】智積院の桔梗

智積院の寺紋は「桔梗」。
そして金堂へ続く道のりも青紫色の桔梗で彩られます。

でも6月10日時点では

桔梗1

早かった!

咲いていたのは1輪のみ確認。
全体が咲きはじめるのは来週以降でしょうか?

でもでも、桔梗って、つぼみもとっても可愛いい。

桔梗2

星型の紙風船みたいではないですか?

これが色づくとこうなって…
(ぼけててすみません汗)
桔梗4

ぽわっと咲く♪
桔梗3

なんてかわいい花(>∀<)

ちなみに、智積院では

明日6月15日(水)に「青葉まつり」が行われます。

真言宗を開いた弘法大使・空海と、中興の祖・興教大師の誕生日を祝う法要です。

新緑の美しい季節に行われるので

青葉まつりというのでしょうか。

山伏たちも登場する行事です。

■智積院
http://www.chisan.or.jp/sohonzan/

■智積院の桔梗の記事はこちら
http://zaq.ne.jp/k-zanmai/shun/new/shun02.html

色々とランキングに参加しています~
桔梗のつぼみ、かわいいなって思った方は、
ぜひ1クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

Blog Entry ランキングへ投票

【京の夏の花】藤森神社

どどん!
CIMG6630.jpg

思わず漫画「onepiece」の戦桃丸を彷彿とさせた、男前な銅像。
(今週のジャンプ、ワンピース休載-3-)

彼がおりますのは、
今月15日にアジサイ祭り、
そして18日に手づくり市が開催される伏見の「藤森神社」です。
菖蒲の節句発祥の地と知られる神社なので
この銅像があるんでしょう。

CIMG6576.jpg

そんな藤森神社は紫陽花の神社としても有名。
さっそく昨日の日曜日に出かけてきました。

紫陽花苑は境内に2箇所あります。

まずは第一あじさい苑で入苑料(300円)をお支払い。

CIMG6577.jpg

つぼみの紫陽花もありましたが、
楽しむには十分な開花状態でした。

CIMG6582.jpg

CIMG6591.jpg

CIMG6594.jpg

一方、第二あじさい苑はまだ2~3割しか開花していない様子。

CIMG6620.jpg

途中に橋があって、高い場所からあじさいが眺められます。
もうちょっと開花が進めばもっときれいだろうなあ。
今週末以降の方がこっちは楽しめるかもしれませんね。

CIMG6622.jpg

CIMG6626.jpg


ちなみに境内にはうどんや団子がいただけるテントも。
(平日もやっているのでしょうか?)

CIMG6631.jpg

メニューに「あじさい団子」というのがあって
とても気になりましたが、
胃もたれ気味だったので食べられず(苦)
食べた方、どんな団子なのか教えてください~

◆藤森神社http://kyoto.graphic.co.jp/store/2011/01/id007.html



色々とランキングに参加しています~
お帰り前にぽちっと1クリックで応援よろしくお願いします!

br_decobanner_20110616104646.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

Blog Entry ランキングへ投票

【京の夏の花】両足院 半夏生の庭園特別公開

祇園・花見小路を歩いた先にある京都最古の禅寺「建仁寺」。
の塔頭「両足院」で半夏生の庭園特別公開が行われています。

両足院1

両足院2

両足院は日ごろから坐禅体験やお寺でヨガを実施するなど、
一般人が親しみをもてるお寺です。

今回の行事名にもなっている「半夏生(はんげしょう)」というのは、
葉っぱの先から化粧したように白くなっていく植物のこと。

両足院4

6月10日時点ではうっすら白くなり始めたという印象です。

両足院3

両足院5

祇園の中心地とは思えないほど奥行きのある広々とした静かな庭園。
拝観者が座布団に座たままじーっと庭を眺めて動かないのも納得です。

お抹茶席もあるようでした。
お時間ある方はぜひ。

なお庭の公開だけでなく、襖絵や屏風、掛け軸など多くの美術品も展示していますよ。



両足院のとなりには「両足院 鎮守 毘沙門天堂」があります。
小さな境内ですが見どころはいっぱい。

両足院6

まずは寅狛。

そして手乗りサイズの寅がしがみついている香炉。
この小寅たちがかわいくて仕方ないんです。

両足院7
なんだよ~
両足院8
見んなよ~

絵馬のイラストもかわいいですよ。
2種類ありました。
両足院9

ここは名前のとおり毘沙門天をおまつりしています。
勝負運のご利益があって、それにちなんだお守りも授与されていました。
人気のお守りだそうですよ。

庭園公開は7月10日まで。
受付時間は10時~16時30分。
大人600円です。

くわしくは公式HPを→http://www.ryosokuin.com/
毘沙門天堂の記事はこちら
http://zaq.ne.jp/k-zanmai/shun/1001/shun02.html

いろいろとランキングに参加しています~
ぽちっと1クリックで応援よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

Blog Entry ランキングへ投票
プロフィール

京都いいとこマップ編集部

Author:京都いいとこマップ編集部
京都で京都の無料観光情報誌と観光情報サイトの制作運営をしている京都いいとこマップ編集部です!企画・編集・デザイン・撮影・ライティング・ウェブ制作・映像・製本・印刷すべて自社で行っています!

☆2011年8月1日から、当ブログはhttp://kyoto.graphic.co.jp/blog/に移行します。

☆京都いいとこウェブ
http://kyoto.graphic.co.jp/

カテゴリ
特集記事
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
タグ

祇園祭,神輿,四条,鴨川,八坂神社 宵山 祇園祭 祇園祭,宵山 祇園祭,長刀鉾,稚児,山鉾巡行 祇園祭,八坂神社,稚児 祇園祭,宵山,ちまき 祇園祭,八坂神社 

大事なお知らせ
京都いいとこブログは2011年8月1日から別サイトに移行しています。 新記事はこちらからご覧ください!http://kyoto.graphic.co.jp/blog/
検索フォーム
応援感謝!
京都いいとこブログに遊びに来ていただきありがとうございます。 ポチポチポチっと
1日1クリックずつを
よろしくお願いします。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

sponsored link

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。